News

お知らせ

 

お知らせ

2021/09/13

香川オフィス弁護士求人募集

弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所香川オフィスでは、わたしたちと一緒に働いてくれる弁護士を募集しております。
経験は問いません。現在司法修習生の方、すでに経験を積まれている先生、いずれの応募もお待ちしております。

詳しくは、当ホームページの求人採用をご覧ください。

弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所福岡オフィス
代表弁護士 坪井智之

お知らせ

2021/09/10

裁判の負担と弁護士に依頼した場合の負担の軽減について

日本ではドイツのように裁判を行う際に必ず弁護士をつけなければならない運用(これを「弁護士強制主義」といいます)がとられていないため、民事訴訟であれば、弁護士に依頼することなく本人の手で訴訟を行うことができるようになっています。

しかし、日常生活の中にはトラブルの原因となる事情が多くあります。そのため、民事・刑事問わず、いつあなたが法的トラブルに巻き込まれるか分かりません。そのとき、あなたが、どのような事件にどのように関わっていくかは、多種多様です。そして、どのような関わり方をするにせよ、一定の手間がかかることに変わりありません。また、本人の手で充実した訴訟を進行していくには、その準備のためにも多くの時間や労力が必要となってきます。この手間をできる限り省くために弁護士がいるのです。

弁護士に依頼した場合、多くのストレスをこちら側に降り注いでくる相手方とも直接やり取りをする必要はなくなり、また訴訟の準備も弁護士にほとんど任せておけばよく、裁判所に行く必要もほぼありません。依頼者の方の中には、「裁判所には何時にいけばいいですか?」と質問される方がいらっしゃいます。しかし、裁判の期日では、事前にご確認いただいた弁護士作成の書面を確認するという手続きで終わることがほとんどですので、わざわざ裁判所までお越しいただく必要はありません。もっとも、自分の裁判なので出廷してみてみたいというご希望があれば、それも当然可能です。

上でも述べたとおり、ただでさえ、紛争が生じている相手方とのやり取りは、非常に心理的なストレスとなります。その上、条文の確認や、証拠収集等をするとなると、お仕事をしながらするには負担が大きすぎます。

確かに弁護士に依頼した場合であっても、訴訟の当事者でなってしまうことに変わりはありません。しかし、弁護士に依頼することによって、約1年近くにわたり訴訟をすることによって圧し掛かってくる心理的・時間的負担はある程度取り除くことができるのです。

弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所では、訴訟をすることができる限り依頼者様の負担とならないよう配慮し時間的負担を軽減することは当然として、事務員含めた全職員が心理カウンセラーの資格を持っているため、依頼者様の心理的負担の軽減にもできる限り配慮致しております。できる限り依頼者様の負担を取り除くのもまた弁護活動の一つと思っておりますので、裁判沙汰となりそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度弊所までご相談ください。

 

弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所福岡オフィス
弁護士 川岸司佳

お知らせ

2021/09/07

二級カウンセラーの資格を取得致しました

二級カウンセラーの資格を取得致しました。

講座では、心理カウンセリングの入り口を心理検査や体験ワークから学び、聴き方・伝え方などの訓練をしました。

また、世界中で活用されている代表的な心理療法を具体的なケースを参考に学ぶことができました。
皆様がご相談されるときに、最初にお電話で対応させて戴くのは事務局員である場合が多いです。

特に最初にご相談いただくときは不安な気持ちでいっぱいになっていらっしゃると思います。ご依頼者の皆様に少しでも安心してお話戴けるように努めて参ります。
当事務所の弁護士、事務局員はカウンセラー資格を取得しております。
知識をしっかりとつけたスタッフが揃っておりますので、お気軽にお悩みご相談下さい。
一人で悩まず、新たな一歩をわたしたちと。

弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所
福岡オフィス事務局 佐野

 

閉じる
初回の相談料無料
閉じる
リモート相談OK/電話相談・リモート相談対応可
閉じる
キッズスペース完備/お子様連れでのご相談も可能
閉じる
面会交流サポート制度

ページ上部に戻る

電話する アクセス ぺージトップ